テレビのお金事情 ドラマの製作費は? 芸人のギャラは? 番宣は?

2013年1月23日に放送された「めんたいテレビ(福岡放送)」で
テレビ番組の制作費や芸能人のギャラ等の
芸能界の金銭事情(2月5日号のFLASHが報じた内容)が
特集されました。

その内容をお伝えします。

テレビ番組の製作費やギャラというのは、
芸能人の格や放送局によって差はありますが、
だいたい以下のような感じとのことです。

 

ドラマ製作費

まずテレビのドラマ制作費ですが、
1話当たりの製作費では、

・民放の人気ドラマ 3,000万円
・お昼のドラマ 300万円
・NHK大河ドラマ 8,000万円~1億円

といった感じです。

ドラマ製作費

お昼のドラマは、いかにもお金がかかっていない感じでなのは、
ホームドラマ系が多いので、よく分かりますよね。

NHK大河ドラマは、8,000万円~1億円もかかっていますが、
出演者のギャラはとても安いとのことです。

NHKのギャラの安さというのは、NHK全般にも言えることですよね。

それでも大河ドラマを引き受ける人が多いのは、
大河ドラマに出たというブランドや信頼を
得られることが大きいでしょう。

大河ドラマの主役クラスに出れば、
後に他の大きなオファーも来やすくなりますし、
後々の仕事に大きな影響を与えますよね。

また、1年という長い期間出演するということと
や全国放送で視聴率が高いという点も
ギャラが安くても出演する人が多い要因の一つでしょう。

 

人気芸人のギャラ事情

芸人のギャラの相場ですが、
冠クラスの芸人(くりーむしちゅー、タカアンドトシ等)ですと、
1番組当たり、200~300万円程です。
 
ひな壇芸人(ザキヤマやツッチー等)は、1番組当たり、
10~30万円程です。

芸人ギャラ

基本的に、コンビやトリオは、1組幾らということで
ギャラは折半になり、ピンで出るよりも
安くなることが多いです。

芸人ギャラ

 

バラエティ番組の制作費

同じバラエティの番組でも制作費に格差があります。

1番組当たりの制作費は、800万円~4,000万円程です。

トーク中心の深夜番組は安いですし、
ゴールデンは高めになります。

深夜番組で人気が出て、ゴールデンに行った場合は、
制作費がアップすることが多いです。

バラエティ 製作費

 

その他の芸能人のギャラ

1番組あたりでは、

・トーク番組&コーナーゲスト 5~15万円
・ワイドショーコメンテーター 3~10万円
・お天気お姉さん 5万円
・女優が番宣(ドラマ、映画等)で情報番組出演 0円

芸能人 ギャラ

番宣で出る場合は、基本的にギャラは発生しないんですね。



コメントを残す

サブコンテンツ

最近の投稿

アーカイブ

このページの先頭へ