久住小春 卒業理由「モー娘。は踏み台」が話題 フル音声で検証

元モーニング娘。の久住小春が「モー娘。は踏み台」という趣旨の
発言をし、ニュースとして取り上げられ、ネットで話題になっています。

こちらが話題となった記事です。
http://news.nicovideo.jp/watch/nw493072
http://www.j-cast.com/2013/01/21162089.html
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130121-00000013-rbb-ent

その話題の元となったラジオというのが、
2013年1月19日に放送されたヤングタウン土曜日(MBSラジオ)
という番組です

パーソナリティ:
・明石家さんまさん
・村上ショージ
・道重さゆみさん(現モーニング娘。リーダー)

今回は、光井愛佳さんがインフルエンザでお休みのため、
久住小春さんが急きょ代役として出演いました。

ここで、久住小春さんのプロフィールを簡単に紹介します。

久住小春

名前:久住 小春(くすみ こはる)

生年月日:1992年7月15日(20歳)

身長:166cm

血液型:A型

出身地:新潟県長岡市

所属:アップフロントグループ系列ジャストプロ

芸能活動:ファッションモデル、タレント、歌手、女優

2005年4月:7期メンバーとして、モーニング娘。に加入。

2009年10月:モーニング娘。とハロー!プロジェクトを卒業。

2011年9月:幼少期からの夢であったファッションモデルへ転進。
(CanCamの専属モデルなど)

(wikipedeiaより抜粋)



こちらが、そのラジオ番組のフル音声です。

問題となったところは、モーニング娘。を卒業した理由や
ステップアップについて語っている
8分20秒~13分30秒のところです。

そのなかで問題となった発言部分を
文字に起こしたのが以下です。

(9分7秒~10分7秒)
さんま「そういう中途半端な時期に辞めるって…」
小春「今だったら取り返しつくと思ったんですよ」
道重「取り返…取り返しって、そんな言い方ないでしょ!
モーニング娘。を取り返…。ひどーい!小春」
小春「そういうわけじゃなくて、モーニング娘。をやって…」
さんま「正解やったやろ、だから」
小春「すごい正解!ばっちしでした!」
さんま「そやろ?」
道重「絶対思ってないよー」
村上「モー娘。におったらダメになるみたいな」
道重「ひどいよー」

小春「このままうまくいったら、私これからどうなってしまうんだろうって思ったんですよ。一生アイドル…」
道重「ひどい…その言い方!泣けてくる…なんか」
さんま「だから自分の中で合わなかってんな、モー娘。が。要するに」
小春「合ってたんですけど、も一個なんか違うことができたらいいなあと思って。そのときに、やっぱ17歳だったら今からでもいろんなこと挑戦できるなと思って、辞めました
道重「モーニング娘。になるためにモーニング娘。に入ったんでしょ?」
小春「うん?」
さんま「違うの?あっ、売れたいからモー娘を…」
小春「はい、そうなんですよ」
さんま「そやって、はははは」
道重「どういうこと、売れたいからって?自分を?」
さんま「ステップ!」
小春「ステップアップ!」




(11分50秒~12分30秒の部分の発言)
さんま「モー娘。にいてたら全部できるやんか。逆に。何でも。
トークもできるし、モデルというか雑誌に服装のアレでとか出るやんか」
道重「モーニング娘。にいながらモデルをすることも出来たんじゃない?」
小春「そうなんですけど、やっぱモーニング娘。って、やっぱ男の人がファンが多いんですよ。」
さんま「うんうん」
小春「でも、モデルって女の人のファンが凄く多くて。だから違うじゃないですか。やっぱり方向性が」
道重「いいじゃん、それでも」
村上「(ファンの)女の子もおるよ、結構」
道重「うん、女の子もいるし」
小春「やっぱ、女の子のファン、女性から支持を受けたかったんですよ」
さんま「(うなずく感じで)あーあー」
道重「モーニング娘。にいながらも出来たよ」
小春「やっぱ、難しいじゃないですか。アイドル、なんかちょっと男の人に媚びてるみたいな」
(省略)
道重「(悲しげに)媚びてるとか・・・」


ここで、大事なことは、久住小春さんは、
「芸能界で売れること」を目標としているという点です。

久住小春さんは、その始めのステップとしてモーニング娘。に入り、
アイドルとなりました。

アイドル活動を5年するも、このままアイドルを続けていくことに
疑問を持つと同時に、モデルをやりたいという希望があったので、
モーニング娘。を辞めました。

その後、チャンスを得て、CanCamの専属モデルになり、
ファッションモデルとなりました。

目標ややりたいことがはっきりしていることは、
とても良いことだと思います。

久住小春さんのように、やりたいことや自己を主張をして、
芸能界で独自のスタイルを確立していくことは、
とても重要なことだと思います。

ただ、久住小春さんのなかに、「モデル>アイドル」という構図が
出来上がっていることが良くない点だと感じます。

そのため、「取り返しがつく」とか「男の人に媚びてる」
といった感じで、アイドルという職業を蔑む発言を
していることが問題です。

誇りを持ってアイドルをしている方々、アイドルを応援している方々、
アイドルをサポートしている方々にとても失礼なことだと思います。

この発言を聴いて、久住小春さんをアイドルとして採用した
つんくさんやモーニング娘。だった仲間は、
どのように思うでしょうか。

少なくとも道重さゆみさんは、番組を聴く限り、
大なり小なり悲しい気持ちになっていることが感じとれます。

今回の件は、アイドルを蔑んだという問題だけではなく、
久住小春さんの他人への配慮のなさ、そして、
久住小春さんの人格というもののが、浮き彫りになりました。

この件は、話題になっているため、久住小春さんの耳にも
届いていることでしょう。

是非、久住小春さんは、反省して、
「自分の発言で他人がどう思うか」という想像力を
養っていただきたいものです。



コメントを残す

サブコンテンツ

最近の投稿

アーカイブ

このページの先頭へ